インプット メソッド エディタ(IME)

インプット メソッド エディタ(Input Method Editor)、訳して入力方式エディタとは、パーソナルコンピュータをはじめとした情報機器で、文字入力を補助するソフトウェアである。略称IME。通常は言語ごとに別個に用意されるため、言語に応じ日本語インプット メソッド エディタ (日本語IME、日本語文字入力補助ソフト) などと呼ばれる。
元々は、IMEはOS/2とMicrosoft Windowsで使用されていたプラットフォーム固有の用語であり、他のプラットフォームでは同種のソフトウェア(Mac OSにおける「ことえり」など)を単にインプットメソッド (IM) と呼んでいることが多い。ただし、厳密にはIMEはインプットメソッド全体を指すものではなく、それを構成しているモジュールのうちの一つである。
近年ではWindows以外のプラットフォームでもIMEという語が使用されることが多くなりつつある。特にAndroidやGoogle Chrome OSでは公式にIMEという語が使用されている。その一方で、IMEを「インプット メソッド エディタ」ではなく「インプット メソッド エンジン」 (Input Method Engine) の略称とする定義も存在する。前述のAndroidの場合は、APIリファレンス文書において"Input Method Editor"、"Input Method Engine"、"Input Method"と記述が混在している。
Windowsに標準で組み込まれているマイクロソフト製のIMEは、「Microsoft IME」である。
日本語入力システムとしてのIMEは、主としてユーザのキー入力を基にローマ字かな変換やかな漢字変換といった処理を行い、英数字や記号なども含みうる仮名漢字交じり文(あるいはその断片)の文字列に変換、アプリケーションソフトウェアに渡す(確定する)役割を担う。日本語のほか、中国語、韓国語などのものもある。

日本の主な製品

ATOK
Microsoft IME(MS-IME)
SKK
Japanist
Social IME
Canna
Google 日本語入力

かわせみ